上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッグとは! 

バッグは元来、ベルトに吊るす形式から発展。
身の回りの小物を入れるために生まれました。
19世紀になってからフランスの女性たちが持ちはじめたのが最初と言われます。
20世紀になると女性が外出するときの必需品となり、現代では機能性とファッション性が
重視され、またファッションのスタイリングの一つとしてさまざまなバッグが展開されるように
なりました。

バッグは型による種類よりは使用目的によって分けられる場合が多く、
・フォーマル  ・タウンカジュアル  ・スポーティ などになります。

また型としては、
・ハンド(手提げ) ・クラッチ(抱え) ・ショルダー(肩掛け) ・リュック(背負い)
 となります。

また今日利便性を考慮したバッグとして、
①ツーウェイ型 (2通り使用としての機能) 「手提げ」及び「ショルダー」
②スリーウェイ型 (3通り使用としての機能) 「手提げ」及び「ショルダー」及び
「リュック」
  
など何通りにも使用できる商品が一般化されています。


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。